2008年04月28日

はぁ〜、このところ愚痴ばっか・・・

マイッタなぁ〜 もぉ〜〜

何気なく Excel 2007 で互換保存したら編集できなくなっちゃったよぉ〜

ひょっとして、マイクロソフトの罠か・・・?


白状しよう。実のところ私自身は XP も煩わしい操作が多いので好んで使用することはない。メイン機は未だに Windows2000 だ。そしてメイン機にインストールされている Office も 2000 だ。

これには理由もある。

通常、アプリケーション等のバージョンアップでは古いバージョンの形式でも問題なく動作するようにサポートされる。つまり、古いバージョンで作成しておけば大抵の場合、バージョンアップされたものでも動作するからだ。逆に新しいバージョンで作成してしまうと旧バージョンで動かなくなってしまう場合が多い。

現状、社内で 2007 が搭載されているマシンは他には殆どない状況。以前にも書いたとおり 2003 で動作させることが必須なのである。だから必要以上に注意していたのだが・・・ ハマッた・・・もうやだ〜(悲しい顔)


今までマクロを起動するのに解りやすくコマンドボタンなどをワークシート上に配置したりすることが多かった。当然そのようなブックが多く存在している。今日、そんな中のひとつを更新して互換性をチェックし、上書き保存してしまった。そうしたら・・・


ワークシート上に配置されたコントロール、コマンドボタンとコンボボックスが編集できなくなってしまった。っていうより、触れなくなってしまった・・・ 酷いことに、Excel 2000 で開いても触れない・・・


他のブックのものは未だ大丈夫だった。こりゃぁ〜もう、迂闊に 2007 で上書きできない。気をつけないと二の舞になりそうだ。


対応策として、現状のコントロールを削除して 2000 でもう一度コントロールを作成するか・・・ て思ったが、触れないので削除することもできないんだなぁ・・・ これが・・・


さて、どうするか・・・
2007 で新規に作成したブックにはワークシートにコントロールを貼れるのは確認した。なのに、旧形式で作成されたワークシート上のコントロールは触れない・・・ 

勘弁してよ〜! ちっ(怒った顔) マイクロソフト〜 パンチ


あっ、そうだ、全て必要なプロパティをマクロで設定し直す方法を試してみよう。うまくいけばコントロールを追加したいわけじゃないから、とりあえずの用途は満たせるなぁ〜

でも、これでは根本的な解決にはならない。

全てのマシンを Office 2007 にアップデートさせる為のマイクロソフトの罠なのかなぁ〜

ラベル:マクロ EXCEL
posted by Woody at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel マクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。